温水デイズいやはやプール。。

15934445729951100055963.jpg
なぜお前たちが呼ばれたかわかるか?

確かそんな問い掛けだった。教室にはチルチルみちる。優懲りん。高田瞬次がいた。

みちる『いえ、わかりかねます。瞬次くんのプールに関してですか?』

優懲りん「やはりあのことがばれたのね。」

高田瞬次『チゲぇよ!!いじめと学級崩壊のことだろ!!』

この高田、根拠のない自信だけはあった。

ぶっぶー、ハズレ。さっきの水泳の時間、高田お前いくら水着を忘れたからといって、女子に借りようとしたのはまずかったな。

高田瞬次『どうしてもプールに入りたかったんだよ。結局借りれなかったから最終手段をとることにしたんだよ!!!そうさ絵の具で体に絵を描いたんだよ。』

いや、それ着水と同時にバレるだろ!!!。
posted by ちょとす( ・ω・)ノ at 00:44Comment(0)日記

空と君との間には今日も「もこもこ雲」が出るぜヽ(´・ω・`*)。。

1593356327415671934406.jpg
男「久しぶりだなー、ここ。」

松葉杖なあの子『この公園来たことあるの?』

男「初めてだよ。」

松葉杖なあの子『初めてかよ!!!』

いや、今さらこいつにツッコンでもしかたない。

松葉杖なあの子『ロフストランドクラッチ買ってくれるっていってたけど、どうなったの?』

男「あのなあ、買い忘れるわけねえじゃねえか!!!家に忘れてはきたけど。」

松葉杖なあの子『アホぉぉぉぉ!!!』

松葉杖を武器にするなんて考えつかなかったぜ!!そんなことして使うもんじゃないが、男は大気圏近くまでぶっ飛んだ。空と君との間には今日も「もこもこ雲」が見えたんだ、、、

男「はぁはぁ、、、夢か!?」

渦中の人物は周りが見えにくく、どうしても視野が狭まる。過ぎ去ればそれも良い思い出だとなるのだが、おそらく気づくのはもう少し後になってから、、、もこもこ雲のようなおねしょした男が言うことでもないが、、、、、。。
posted by ちょとす( ・ω・)ノ at 00:15Comment(0)日記

森のというか街のくまさんですけど。。

15932695434891428061712.jpg
どどどどど、、、
あ、あいつが来る!!ブチャラティーが来る!!、、、いやそれ関係あらへん。

『お・ま・た・せbyくまモン❤』

おめえも関係ねえよ!!!!

『もりのくまさん→くもんまさのり』の登場だよ。それ犯人直々じゃねぇか!!伏せとけぇぇぇぇ!!!

あるー日、森の中、くまさんに、出会った!!
だが青年は瞬時に理解した。このままじゃ食われると。本来は森の中なんだろうが、出会ったのは街の中、すぐさま逃げようとするも、、、

くまが現れた。

どう考えても危険な状況。『たたかう』『ぼうぎょ』『秘技』『逃げる』コマンドはこの4つしかない、もちろん初動は『逃げる』だ!!逃げる恥だがそんなの関係ねえ、生き延びること優先だ!!だが足がすくんで動けない。しかたなしに身構えた。だが『たたかう』ったってこっちは素手、あちらはベアクローだ!!どう考えてもこちらがミンチにくになっちゃう。ということは『ぼうぎょ』しても同じか、、、くそう、クマッタ。その時、かすかに熊の方から声がした。
『青年よ、俺の理性がある内にとっとと失せやがれ!!!』いまのは、くまから?んっ?理性があるくま??一縷の望みをたくし青年は叫んだ『秘技・死んだふり』すると突然、くまが大の字になり寝転んだ。はぁはぁはぁ、俺が猛獣使いじゃなければ死んでいた。強敵だった。よせばいいのに青年は寝転んだくまと握手しようとした。だが、、、理性を失ったくまのベアクローが顔に直撃した。

くまは血を舐めながら今日も街を徘徊する。できることなら出合わないことを祈るだけだが。
posted by ちょとす( ・ω・)ノ at 00:12Comment(0)日記