今日でブログ納めじゃ!!!の巻。。

20191122_222248.jpg
『家賃入るからいいじゃん。』

知り合いによく言われるんですが、物件の築年数が古くなってくると補修費がかかんねん!!と。そもそも働きたくねぇからどうすりゃいいかを考えたら大家業だなと思ったのが発端で、後は株と競馬くらいしかやらないし、今は外人が日本にいっぱいいるから貸すのはいいんだよ。ゴミの問題とかが面倒なんだよ。翻訳アプリがあるから便利な世の中ですし、英語なんざ勉強する必要ねぇじゃねぇか。んなことより充電切らさないようにすることのが大事だ。スマホのソーラー充電とか生み出したら巨万の富を得れると思うんだが開発しないのかね。そういうことを考えてる社長さんとは仲良くなりたいね。

さて、今日でこのブログともお別れだ。

第一部・『85才のババア長生きしろよ!!』これにて閉幕…。。
posted by ちょとす( ・ω・)ノ at 08:00Comment(0)日記

経営者の本は良いことしか書いてないの巻。。

20191122_222242.jpg
ここまで大きくなれたのは「どれだけ人間が好きか。」ただそれだけと著書は語る。

カメラを止めるな!!ではなく商いをとめるな!!なんですが、様々な『道』ってのがあると思う。

人間なんざ生きて死ぬだけだから好きに生きていいんですけど、後悔だけはしたくねぇな。あのときああしてれば…とか、あれをしておけば…とか、そんなこと思うんなら、今すりゃいいんだけど、そうするには、もう強制的にでもやるように仕向ける。

例えばなんですけど、儲けたいとか稼ぎたいって思うなら、僕だったら朝起きてから夜寝るまでずっとそのことを考えて実行しますし、これがギターを弾きたいだったら、朝から晩まで365日ずっと弾いてるでしょう。そうするとどうなるかって、コツがわかってくるんですよ。これこうした方がいいなとか、これはいらんかったな省略しよとか、ただ漠然と弾くから次は自分及び人を感動させたいとか、そんな気持ちが沸いてきますよ。沸いてこないなら弾かないです。

そもそも経営者が書く本なんざ良いことしか書いてねぇんだから、取り入れるところは取り入れて、それは違うと思う部分は捨てる。ぐらいの気持ちでいいんじゃないか。全部が全部鵜呑みする必要もないし、共感できる部分だけ実行すればいいと思う。
posted by ちょとす( ・ω・)ノ at 08:00Comment(0)日記

監督撮影はなしの巻。。

20191121_215230.jpg
ビートたけしさんと映画監督のエピソードがぉもしろい。

戦場のメリークリスマスにたけしさんが出演した時の話。

監督が大島渚さんという方で、たけしさんが出演をOKする条件が「俺を怒鳴らないでくれ」「怒鳴られたら帰る」だったと、監督も『わかった』と了承して撮影が始まるんだけど、たけしさんがNGを出しても怒れなぃから、たけしさんの近くにいるよくわかんなぃ役者に『バカ野郎!!』と怒鳴っちゃうと。「そいつがかわいそうでさぁ」とたけしさん。

後、映画の冒頭で登場するトカゲの撮影の時には、そのトカゲに向かって「よーいスタート!なんてやるんだょ。トカゲにわかるわけねぇだろ!」とまくしたてる。大島監督的には3秒間動かないトカゲの画がほしかったんだけど、そのトカゲがうまいこと止まってくれないもんだから大島監督が『お前どこの事務所だ!』って怒鳴ったエピソードが印象に残った。
posted by ちょとす( ・ω・)ノ at 08:00Comment(0)日記